業務内容

ベンチャー企業の育成・支援

 ベンチャー企業は、法律的な対策を十分に行ってこなかったばかりに、事業が軌道に乗り始めた段階で、事業の根幹となる技術やアイデアを盗用されてしまったり、経営権の争奪のトラブルや労務人事上の問題が生じることにより事業を停滞させてしまったり、事業そのものを中止せざるを得ないという事態に陥ることがあります。 また、ベンチャー企業では、将来の企業の方向性、すなわち上場を目指すのか、M&Aによる拡大を目指すのか等を見据えて、社内体制の整備や知的財産等の事業資産の確保を図る必要があります。

 

 当事務所の弁護士は、これまでIPO公開審査に関するリーガルリスクの検討に関して主幹事会社側で関与した経験を有しており、上場審査の段階でどのような点が考慮されるか等を踏まえた上で、ベンチャー企業の今後の成長過程に応じた適切なアドバイスを行うことが可能です。また、これまで、幾多の企業関係訴訟や知的財産を巡る紛争の解決に携わってきた経験を有しており、かかる観点から万が一将来紛争が勃発した場合に備え、適切かつ適正に企業運営を行うことができるよう戦略的予防法務の立案実行をサポートすることが可能です。

 

 

業務内容