業務内容

M&A・事業再編

 従来は、M&A といえば、買収・統合される側の会社としては好ましからざることという認識を持たれていましたが、M&A 市場が活性化し、M&Aを会社の特性を活かし発展させるための戦略や後継者のいない会社を存続させるための手法として積極的に受け入れる会社が増えてきています。M&Aは今後もますます増加することが予想され、どの会社においても、M&Aを提案する側、あるいは提案を受ける側の当事者となる可能性が高まっています。

 

 当事務所の弁護士は、これまで、さまざまな規模や形態の企業の、M&A案件について、買収側・被買収側を問わず、スキームの立案、デューディリジェンス(法的監査)、契約書の作成、契約交渉、資本・事業提携案件やジョイント・ベンチャー案件、さらに企業グループ内または競合企業同士の事業再編案件に携わってきた経験を有しております。これまでの経験を活かしつつ、いずれの立場においても、M&A を円滑かつ迅速に進めるために最適なリーガルサービスを提供して参ります。

M&A・事業再編の例

  • 1.合併
  • 2.会社分割
  • 3.株式交換
  • 4.株式移転
  • 5.事業譲渡
  • 6.組織変更

 

 

業務内容