顧問契約

1.どんなことでも弁護士に相談できます。

 契約や法律に関する理解は人それぞれです。「こんなことは今さら他人には聞きにくい」「誰に相談すれば良いのだろう」「こんな細かな問題でも良いのか」といった内容でも、何でも気軽にご相談頂けます。

2.いつでも弁護士に相談できます。

 法律問題に発展するかどうか判断がつかないような段階でも、気軽に電話やメールで相談して弁護士の見解を聞くことができ、その場で不安を解消することが可能になります。

 

3.優先的に相談時間を確保できます。

 当事務所と顧問契約を締結頂いた場合、夜間・休日など通常の業務時間外であっても優先的に相談時間を設定させて頂いております。

4.紛争の初期対応が可能になり早期解決の可能性が増加します。

 対策を講じるのが早ければ早いほど紛争解決の可能性は高まります。顧問契約を締結頂き日ごろから相談頂くことで、紛争の発展を予期した効果的な初期対応を行い、早期に紛争の芽を摘むことが可能になります。

5.弁護士との信頼関係の構築による安心感を享受できます。

 継続的にご相談頂くことにより依頼者と弁護士との間に不可欠な信頼関係を深めることができます。高度な信頼関係は法律事務所がよりレベルの高い業務を行う上での前提になります。また高度な信頼関係に基づく安心感を享受することができます。

6.社会的信用の増加が図れます。

 法律問題について、顧問弁護士の意見を参考にして企業活動を行われている会社や事業主は、銀行や取引先や従業員やその家族に対する社会的信用が増加します。

7.経営者の個人的な問題も相談できます。

 活動の幅が広い経営者の方々には個人的な悩みもつきないものです。経営者の個人的な法律問題に関する相談(相続問題や子どもが問題を起こした等)にも迅速かつ適切に対応させて頂きます。

8.紛争の事前予防と早期リスクマネジメントを図ることができます。

 事業の状況に応じて時機に応じた適切なリーガルチェックを受けることが可能となり、リスク要因の早期発見と最小化、トラブルの未然予防、独自のアイデアや権利の確保・アイデアの盗用の防止・適切な資本政策の実現等を行うことが可能になります。

9.経営者や従業員の法的センスが向上し、経営判断の質が向上します。

 日ごろから契約やトラブルについて幅広くご相談頂くことで、経営者ご自身や従業員の法的センスが向上し、事業を進めていく上で法的な視点を入れ、質の高い経営判断を行えるようになります。

10.戦略的企業法務を実行できます。

 会社の実情に応じた株式比率の設計、機関設計、諸規定の整備、M&A、知的財産の活用による参入障壁の設置等の戦略的企業法務の立案・実行を実現することが可能になります。

11.顧問弁護士を明示することによる予防効果を得られます。

 御社のウエブサイトや会社案内やパンフレットに顧問弁護士として掲載して頂くことにより以下の予防効果が期待できます。
① クレームやトラブルの予防
② 売掛金回収率の向上
③ 社内の不正の防止
④ 暴力団などの反社会的勢力の排除

12.専門的な法務部門を確立しつつコストの削減を図れます。

 御社の法務部門のアウトソーシングとして、法務部を設置する以上のメリットを享受することができます。御社で法務部員1名を採用する場合と比較すると、極めて低コストで、極めて専門的な社員を雇用したのと同様の効果が期待できます。

13.法的アドバイスの一部が無料になります。

 顧問契約内での所定の時間数の範囲内で、法律相談は無料かつ複数回受けることができます。また、内容証明郵便等の簡易な文書作成も、顧問契約で定められている範囲で無料で対応させて頂いております。

14.弁護士費用が低減されます。

 顧問契約を締結頂いた場合には、別途弁護士報酬(着手金・成功報酬)が発生する事件処理を行う際の費用を低減させて頂いております(詳細は顧問料の頁をご覧ください)。

15.専門家ネットワークを活用できます。

 ご要望や事業の状況に応じて、当事務所が有する以下の対外的ネットワークをご利用頂くことが可能になります。

 

 ①国内大手総合法律事務所
 ②外国法弁護士
 ③中国法弁護士(提携先)
 ④各地の弁護士
 ⑤各種調査会社
 ⑥弁理士・特許事務所
 ⑦税理士・公認会計士
 ⑧司法書士・行政書士・社会保険労務士・その他士業
 ⑨各種コンサルタント 等

 

 

顧問契約